ミステリ

漫画感想

【漫画紹介】『法廷のファンタズマ』をご紹介。法廷劇の新機軸をご覧あれ【ネタバレあり】

今回ご紹介する漫画は、荒川三喜夫先生による『法廷のファンタズマ』です。本作はとても難しいテーマに扱った法廷劇(リーガル・スリラー)であり、読者を選ぶ作品となっております。手放しに推奨できず、人によっては不快感を抱く方もいらっしゃるかも!?
アニメ感想

【シャドーハウス】原作ファンが影家アニメ2nd Seasonに期待すること10選【ネタバレなし】

7月に放送が予定されているシャドーハウス2nd Seasonの期待することを原作ファンの視点から10個ご紹介します。まだまだ先じゃあねーかと思われるでしょうが、その通りです。まだ4カ月もあります。しかし、逆に言えばもう4カ月しかないのです。
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第13最終話「シャドー家のために」を原作ファンが語ります

令和3年春アニメ『シャドーハウス』最終話「シャドー家のために」の感想です。3カ月に渡り楽しませてもらった影家ですが、このエピソードでおしまいです。楽しい時間を本記事をご覧になった方々と共有出来て嬉しかったの一言です。二期にも期待しつつ原作を追っていきたいと思います。
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第12話「おじい様と共にある棟へ」を原作ファンが語る

原作のIFストーリーが展開されるシャドーハウス第12話「おじい様と共にある棟へ」を原作ファンが語ります。キャラクターを個別に考察して、感想を述べるスタイルでお送りさせていただきました。地味に始めたの試みですが、キャラクター一人一人に思い入れが強いので、力の入った内容になっていると手前味噌ながら感じております
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第11話「黒い飲み物」を原作ファンが語る……、あいつ誰ぞ?

【アニメ感想】シャドーハウス第11話「黒い飲み物」を原作ファンが語ります。早いもので、影家も、もうラス前です。そしてここにきて新展開が目白押しですね。最終回が楽しみです。が、その前に気になるあの人物が誰なのかを考察します。ハッキリ言ってノーヒントで過去一自信がありません。
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第十話「最後の一対」を原作ファンが語る~ジョンが手渡したものは手紙?~

【アニメ感想】シャドーハウス第十話「最後の一対」を原作ファンが語ります。喜びと悲しみ、シャドーハウスの秘密の一端を垣間見た第十話。そして、今回は素晴らしいアニオリ演出にテンションが上がりました。特に本記事では、お披露目合格の後にジョンがケイトに手渡したものが何だったのか、を今後の予想と共に考察します
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第九話「鳥籠と花」を原作ファンが語る~三階に住むシャドーを考察~

【アニメ感想】シャドーハウス第九話「鳥籠と花」の感想と考察です。今回は趣向を変えて、一つのテーマに限定して考察してみたいと思います。今回のテーマは三階の住人たちの性格についてです。原作でもあまり触れられていない三階のお歴々の性格をコミックピアがバシッと言語化します。
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第八話「手のひらの上」を原作ファンが語る~今回のテーマは『顔』~

シャドーハウス第八話「手のひらの上」を原作ファンが語ります。今回はキャラクター達の顔芸が光る回でしたね。記事の内容は、ファン故の歓喜9割考察9分愚痴9厘です。残りの1厘は、これからさらに面白くなる影家の人気が更に上がり、2期制作が決定する事への期待感です。
アニメ感想

【アニメ感想】シャドーハウス第六話「庭園迷路」と第七話「不完全な地図」を原作ファンが語る

前回から投稿が空いてしまったので、今回は二話分の感想です。 第五話の「庭園迷路」は、単行本第三巻の「審査基準」「不揃いな道具たち」「庭園迷路」「視線」までのエピソードでした。 前回の記事で、もしかしたら今後はアバンがないかもと...
考察

アイテルシー ‐ i tell c‐ 単行本第一巻感想&考察【ネタバレあり】

4月30日発売のアイテルシー ‐ i tell c‐ 単行本第一巻の感想&考察をします。以前書いた記事では十分に魅力を伝えられなかったので、今回は思いのたけを全てぶちまけます。今後への期待も込めて辛口で批評しています。苦手な方はご遠慮願います。また、ネタバレ上等な内容です
タイトルとURLをコピーしました