【マテリアル・パズル】M・Pティトォ達はどのくらい強いのか考えよう【ネタバレあり】

考察

最初に

直近6記事に渡って行われた「五本の指ランキング」でしたが、読者の皆様には大変ご好評頂き、筆者自身としても、また、作品のファンとしても物凄く嬉しかったです。

【マテリアル・パズル】女神三十指最強ランキング!?五本の指最強はこいつだ!【ネタバレあり】
魔法バトル漫画『マテリアル・パズル』シリーズに登場する魔法使い集団「女神三十指」。その中でも最強の「五本の指」鬼人ジールボーイ、死神ヨマ、切り裂きマリー、守護騎士ナトラレーゼ、魔人ジャンクーア。彼らの内最強は誰なのか?長年ファンが疑問に思っていた問に終止符を打ちます。

次記事以降での三十指ランキングの投稿は未定ですが、折をみて執筆したいと思います。

しかし、そもそも何故主人公チームではないのかという話で、
先ずは一も二もなくティトォ・アクア・プリセラについての記事を書くべきだったなあ、と反省しました。

ということで、今回は『M・Pティトォ』の強さについて考えていきたいと思います。

『マテリアル・パズル』シリーズ未履修の方は、こちらの記事をご拝読頂いた上で、興味を持たれましたら実際に手に取って楽しんで頂いて、またこの記事に戻っていらしてください。

【漫画おすすめ】神無き世界の魔法使いに救いはあるのか?マテリアル・パズル シリーズ紹介【ネタバレなし】
今回紹介する漫画は、土塚先生による「マテリアル・パズル」シリーズです。20年続く歴史ある作品で多くのファンから支持されるバトルファンタジー漫画です。この作品は筆者が一番好きな漫画です。以前から是非紹介したいと思っていたので念願かなって記事にした次第です。

分析方法

前回の記事で使用した算出方法を使用し、九つの項目を5段階評価で数値化して判断します。

項目は以下の通りです。

  • パワー【P】(魔力量。攻撃の平均的なエネルギー)
  • スピード【S】(動きの速さや手数、攻撃の速度)
  • テクニック【T】(戦闘技術)
  • 破壊力【破】(パワー×スピード+テクニック)/30
  • 防御性能【防】(スピード+テクニック)/10
  • 耐久力or回復力【耐】(魔法や魔力による負けずらさ)
  • 特技【特】(固有技能や切り札の強さ)
  • 戦闘IQ【Iq】(分析力や対応力、環境利用など)
  • メンタル【M】(精神状態を最良な状態へ修正する技術)

これらの項目に、対戦時の状況や環境によって数値の昇降が考えられる場合は、評価値に+または-を表記します。

より詳しい説明はこちらの記事でご確認ください。

M・Pとは

「星のたまご」によって形作られた身体に、三人の魂を同時に表装まで押し出した状態であり、

アクアの魔力とプリセラの身体能力をティトォが使用する事で、白兵戦力と戦術頭脳、スパイシードロップの破壊の魔法にWWフレアの強化と治癒が上乗せされる状態です。

性格は誰のモノでもないようで、一人称は「俺」
初登場時には、グリムリアの城の方角を指さして大声で挑発するなど攻撃的な性格です。

魔法を極める前とはいえ、ジール・ボーイをして地上最強の魔法使いと言わしめました。

評価

【P5+・S4+・T5・破5(25/30)・防5(9/10)耐4+・特5+・Iq5-・M4】

評価合計値:42

ほぼ最高値です。

あくまで指標とはいえ、これによりヨマの評価が相対的に上がった印象です。

それでは内訳をみていきましょう。

P

ムーンアデルバを極めたヨマを圧倒するパワーがあります。

アクアとティトォの魔力の合計値という単純な話ではなく、WWフレアでの強化されているので上昇率も高そうです。WWフレアの強化も加味して評価は5+です。

S

これは4+としています。

対ヨマ戦でのジール・ボーイのセリフから、身体能力と魔力で圧倒している事は確かですが、スピードに関しては触れられてはいません。

プリセラの身体能力をWWフレアで強化されているので、かなりのスピードを持っているのは間違いないのですが、それが分かる描写は飴玉を使った移動術でヨマの背後を取ったくらいです。

ただ、回復力に絶対の自信を持つヨマが敢えて攻撃を喰らっていた部分もあり、あの描写だけでヨマより速く動けるとは考えずらいです。

対三大神器戦でも超スピードを披露している感じでもないので、やはり4が妥当な気がします。

WWフレアを加味しての+評価です。

T

これは文句なしで5でしょう。

プリセラの戦闘技術は作中最高と考えられます。

よって、相手の死角や虚を突く動き、相手のリズムや呼吸を読んで先んじて対応するなど、実際よりも速く感じさせる技術も持ち合わせているでしょう。

S4という評価でもヨマにスピード敗けしていなかったのは、実際のスピードよりも、こちらの技術で補っている部分が大きいと解釈します。

破壊力

5×4+5=25/30で五段階評価は5です。

算出値25~30を5としていますので、この評価です。

アクアは素の状態でも、相手を殺す気で魔法を放てば、初期のジール・ボーイを倒せていたとされています。

魔力の大きさもそうですが、純粋な破壊の魔法という性質も関わっている気がしますね。

そういった要素は本来なら数字では現しずらい物ですが、算出値25という結果は、かなり芯を食った数値だと感じました。

防御性能

4+5=9/10で五段階評価は5です。

算出値9~10を5としていますので、この評価です。

プリセラの戦闘技術に裏打ちされた高い防御性能であり、これに(今回は考慮していませんが)千里算総眼図が加われば、相手はM・Pティトォに触れることもできなくなるでしょう。

耐久・回復力

耐久力は、魔力によって決まるのでかなり高いことは確かです。

しかし、ヨマのダイヤモンドプラズマによって致命的なダメージを受けているので、ずば抜けて高いという訳でもなさそうです。評価は4+とします。

WWフレアの回復力に加えて強化を考慮しての+評価です。

特技

命七乱月を装備した時の万能感は桁違いでしょう。

書き忘れてましたが、情報は神無最新9巻での情報ですので、当然使える状態です。

三大神器のせいであまり目立った活躍ではありませんでしたが、人間の想像力の及ぶ範囲であれば、あらゆる魔法を作り出せるチート級の切り札です。

5+でも足りないくらいですね

戦闘IQ

ベースであるティトォの戦術IQは作中トップレベルであり、メイプルソンから悪魔的と評され、恐れられていました。

更に奥の手である「千里算総眼図」を実質三人に闘っているので使用できます。評価は5です。

ただし、相手の行動を観察し分析、行動パターンを解析するまでには相応の時間がかかるため、-評価です。(これは【特】の項目で評価すべきかもしれませんが…)

メンタル

評価は4です。

数少ない、評価5をつけなかった項目です。

三大神器・ブライクブロイドと舞響太天に何度打ちのめされても立ち上がり、パワーを上げて挑んでいました。かなりの精神力です。

ただし、一人で戦っている訳ではなく、常に誰かが傍におり、相身互いに助け合う立場での戦闘でしたので、この評価です。

他が高すぎるので少しキツめに評価しています。

仮定の話ですが、本当に総てを失っても同じように立ち上がれるとすれば、評価は5で間違いないでしょうが、物語上ないでしょうし、筆者もそんな展開は嫌なので4で良いと思います。

最後に

過去記事で何度も書いていますが、この評価項目はあくまで五本の指ランキングを考える上での指標として用意したのモノなので、作中での正しい強さではありません。

あくまで筆者が考える強さと内訳ということをご理解いただけた上で、エンタメとして楽しんで頂けらなら幸いです。

とは言え、そこそこ正しい内容ではないかという驕りもあり、それを密かに胸に秘めて、今回は筆を置きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました