【マテリアル・パズル】女神三十指最強ランキング!?鬼人ジール・ボーイ編【ネタバレあり】

考察

こちらの記事では、

【マテリアル・パズル】女神三十指最強ランキング!?五本の指最強はこいつだ!【ネタバレあり】
魔法バトル漫画『マテリアル・パズル』シリーズに登場する魔法使い集団「女神三十指」。その中でも最強の「五本の指」鬼人ジールボーイ、死神ヨマ、切り裂きマリー、守護騎士ナトラレーゼ、魔人ジャンクーア。彼らの内最強は誰なのか?長年ファンが疑問に思っていた問に終止符を打ちます。

にて、二位にランクインした五本の指の「鬼人ジール・ボーイ」の評価項目の解説です。

何故筆者がこの点数をつけたのか、本記事では書ききれなかった内容を書いていきます。

本記事未読の方は、先ずはそちらから読んで頂くと一層楽しめるものと思います。

鬼人ジール・ボーイ

©十塚理弘(著)マテリアル・パズル(19)/スクエア・エニックス刊 All Rights Reserved.

評価

【P5・S3・T5・破4(20/30)・防4(8/10)・耐4+・特3・Iq4・M5+】
評価値合計:37

評価項目はこのような内容になっています。

  • パワー【P】(魔力量。攻撃の平均的なエネルギー)
  • スピード【S】(動きの速さや手数、攻撃の速度)
  • テクニック【T】(戦闘技術)
  • 破壊力【破】(パワー×スピード+テクニック)/30
  • 防御性能【防】(スピード+テクニック)/10
  • 耐久力or回復力【耐】(魔法の力による負けずらさ)
  • 特技【特】(固有技能や切り札の強さ)
  • 戦闘IQ【Iq】(分析力や対応力、環境利用など)
  • メンタル【M】(精神状態を最良な状態へ修正する技術)

これらの項目に対戦時の状況や環境、今後の物語上の展開によって数値の昇降が考えられる場合は、評価値に+または-を表記します。

P

パワーは大方のイメージ通り5で良いでしょう。

プリセラの言によれば、ジール・ボーイはパワー&テクニックで相手を圧倒する戦闘スタイルです。

一撃一撃に相当な量の魔力を込めているのが描写からも読み取れます。

特に完全合成魔法拳「神無神薙」を会得した後のパワーは、ジャンクーアと並び作中最高クラスでしょうね。

S

特別素早い訳でも、かといって遅いような描写もないので、平均的な3です。

ハンドスピードは「牛輪」の存在からありそうですが、フットワークを活かして軽快に戦うスタイルではないので、スピーディなイメージがありません。

T

前述のプリセラ談により5とします。

攻撃が拳によるものに限定されていますが、それでも減点する程ではないと判断しています。

士熊、牛輪、飛燕の三種類の魔法拳を短中長距離と使い分ける技の多彩さと、それらを的確にヒットさせる戦闘技術を持ちます。

プリセラという肉弾戦にステータスを全振りした例外的な存在を除いては、相手に攻撃が当たらなかったという描写がほぼありません。

しかし、彼の技術の真価は、後述する防御性能にこそあるのでは?と筆者は考えています。

破壊力

5×3+5=20/30で五段階評価は4です。

算出値19~24は4としていますので、この評価です。

イメージ的には正直もう少し高くあってほしかった気もしますが、同格以上の相手と戦う場合、一撃で倒すような圧倒的なシーンなどはありませんし妥当だとも感じます。

防御性能

3+5=8/10で五段階評価は4です。

算出値7~8は4としていますので、この評価です。

ジルの防御技術はかなり高いと考えられ、T5評価は防御技術に起因します。

右腕の魂を奪われて以降は、格上の相手と戦う場面が増えましたが、ジルが圧倒的不利な状況でも生存していられたのは、相手の攻撃を見切った上でしっかり防御していたからだと解釈しています。

幼少期には何らかの武術を修めているらしい描写があり、ミカゼと組み手をしている姿も良く描かれています。

耐久・回復力

ジール・ボーイは作中戦闘において、散々対戦相手にボコボコにされていますが、何度も立ち上がり反撃の糸口をみつけています。

作中では高すぎる魔力が攻撃を弾いているような説明をされており、実際に耐久力や回復力も高いのでしょう。

特にジャンクーアの攻撃を防ぎきっているので、4以上5未満という評価が妥当でしょうね。

4+とします

特技

3です。特筆することがありません。

この項目では、魔法を使った切り札や使用者固有の特殊技能などを評価しています。

強いて挙げるなら、戦闘中に合成魔法拳を完成させていることから、ジルの資質として本番に強いタイプであることくらいです。

戦闘IQ

脳筋のイメージがありますが、相手に応じた戦術をとる描写も多いいことから、4とします。

代表的な場面は、対プリセラ戦の合成魔法拳を完成させるまでの時間稼ぎや対ヨマ戦での砂煙を利用してのアデルバの弱体化を図る工作、対ジャンクーア戦での防御に徹する構えなどですね。

ただし、ヨマと同様に戦術的撤退をオプションに加えていないので、この評価です。

メンタル

作中最も強靭なメンタルの持ち主だと思います。評価は5+です。

命乞いをするくらいなら死を選ぶ程、誇りと信念を持って戦っています。
それらに裏打ちされた高い精神性が彼の強さの源でしょう。

そして、闘いの最中にも何かのきっかけで更に強くなる描写が認められるので+評価とします。

幼少期に抱いていたエル・ボーイへの劣等感を多くの事に昇華させ、それでも挫折を経験しながらも這い上がり、失った拳の魂を嘆くことなく新しい可能性を模索して強くなった不撓不屈の男。

それがジール・ボーイなのです。

勘違いされる方もいるかもしれませんんが、作中一貫して考えや態度がブレない訳ではなく、一度はアイデンティティーを失いながらも自己を再定義し、成長する姿勢をこそ、本項目では評価しています。

最後に

本記事でも繰り返し述べていますが、あくまでランキングのための指標ですので、
あまり真に受けない様にお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました