【漫画おすすめ】フランスで大人気!?荒廃した日本を舞台に繰り広げられるSFサバイバル『虎鶫』を紹介【ネタバレなし】

漫画紹介

どんな漫画?

今回紹介する漫画は、ippatu先生による、

『虎鶫 とらつぐみ-TSUGUMI PROJECT-』です。

本作は、『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて連載されているSFサバイバル漫画です。

フランスにて先行発表され、緻密で繊細な背景の書き込みと美麗なキャラクター描写、不安や緊張感を抱かせながらも読者の興味を引くストーリーによって、現地で大好評を博して逆輸入されました。

こちらのコマーシャルからも、観る者を問答無用で引き込む『特別』が伝わるのではないでしょうか?

ジャンルは、正式な区分を見つけられなかったので、弊ブログではSFサバイバルとしていますが、他にもモンスターパニック的な要素とサスペンス作品としての雰囲気を強く感じます。

登場人物の立ち位置やサバイバル要素などから、筆者はゴールデンカムイと似ているなあと思っています。共感して頂けると嬉しいです。

【漫画おすすめ】黄金争奪サバイバルバトル漫画!『ゴールデンカムイ』をネタバレなしで紹介
大人気歴史群像冒険活劇『ゴールデンカムイ』をネタバレなしで紹介します。原始的で力強く、利己的な登場人物たちの金塊を巡るサバイバルバトルは必見です。内容に元ネタバレを含みますが、漫画がより楽しめる事請け合いな内容です。是非お楽しみ頂ければ幸いです。

世界観とあらすじ

舞台は推定300年後くらいの日本です。

物語開始の260年前に核戦争によって私の故郷は滅んでしまったようで、日本は荒廃地として認識されています。

その核戦争の発端となった秘密兵器「TORATSUGUMI」

秘密兵器は未だに日本のどこかに隠されているとされています。

兵器に関する秘匿情報を手に入れた未来のフランス軍は、回収部隊を旧日本へ派遣することにしました。

危険な任務であることは自明だったのか、回収部隊の構成員は捨て駒のように集められた死刑囚です。

冤罪によって死刑囚となった主人公『レオーネ』もその一人でした。

©ippatu(著)虎鶫-TSUGUMI PROJECT-/週刊ヤングマガジン All Rights Reserved.

彼は、同じく集められた死刑囚たちと一緒に旧日本へ向けて輸送されます。

成果報酬は刑の免罪です。

回収期限である一年の間に兵器を持ち帰った者には、罪の免除が約束されています。

レオーネは、愛する妻子の元へ帰る為、危険な任務に身を投じる覚悟を決めました。

しかし、輸送機が東京都のあたりに差し掛かった時です。機材のトラブルでしょうか?突如操縦不能に陥った機体は、理由もわからないまま東京湾(多分)に墜落してしまいます。

そして、運よく生き残ったレオーネは、荒廃した旧東京の有楽町に一人投げ出され、旧日本の惨状におののきます。

かつての大都市を思わせるビルの密集地も戦火の影響からか損傷や風化、劣化が激しく、文明の息吹を感じることはできません。

そこで飲料水を求めて彷徨うレオーネは、猿の様な小型生物の群れに襲われてしまいます。

文明が滅んでも生命は活動を止めず、独自の生態系を維持したまま生と死のサイクルを回していました。

そこは弱肉強食の理が支配するサバイバル世界。

レオーネは被食者として、得体のしれない生き物たちに喰われそうになります。

しかし、あわやというタイミングでレオーネは助けられるのでした。

ハーピィの様な少女『つぐみ』と巨大な幻獣王ガゼルみたいな『とら』があらわれ、レオーネは窮地を脱します。

彼女らは一体何者なのか?

秘密兵器「TORATSUGUMI」との関係はあるのでしょうか?

本作は、多くの謎を秘めたSF作品ですが、登場する科学レベルは意外に低いです。

一話目で登場した拳銃はコルトドラグーンのような形のリボルバーですし、輸送機はプロペラ式でした。

科学技術は、現代と同等か少し後退した感じも見受けられます。

核戦争によって人類世界がどのような歴史を歩んだのか、興味が絶えませんね。

考察

筆者は、ブログを書いている時点では単行本四巻まで読んでいます。

少しだけ考察をしますが、一話時点での描写やCMの内容を基にしたものですのでネタバレは含みません。
ご安心ください。

まず気になったのは、CMの煽り文句である『本格SFアポカリプス』といフレーズについてです。

浅学な筆者は当初これがこの漫画のジャンルだと思っていましたが、どうもアポカリプスとは「天啓」を意味する英単語であるようですね。

天からのお告げということですが、この物語における天啓とは果たしてどのようなものでしょうか?

そして、単行本裏表紙や作者先生のTwitterに記載されている「人類は滅亡する・・・。」とう不吉な文句も気になります。

預言めいたこの文言は、物語におけるキーワードになるかもしれません。

つぐみとの関係も気になるところです。

つぐみは鳥を思わせる下半身を持った半鳥の亜人であり、翼こそありませんが高い跳躍力によってビルディングの屋上や外壁を蹴ることで、まるで空を飛んでいるかのように自在に移動できます。

鳥に似た種族というのが重要そうです。

比較神話学では、鳥は多くの場合で神の使い、もしくはそのモデルとして扱われています。

そもそも虎鶫とは、スズメの仲間で日本ではメジャーな鳥です。意味深ですよね。

もう一つ気になるのは、モヘンジョダロなどで有名な『古代核戦争説』との関係です。

これは、記録が残らないほど大昔に高度な科学力を持った文明が存在し、外部もしくは内部で核兵器を用いた戦争が起こり、結果として滅んだことで記録も消滅した、という説です。

ちょうど作中における旧日本が核による攻撃によって滅びた状況と酷似しています。

本気で考察するのなら、この説を深掘りして、作品と照合するのも面白いかもしれません。

メディアミックス

メディアミックス等の情報はありませんが、数年後には映像化されることは間違いないでしょう。

例えば、実際に核兵器を使用した戦争でも起こらない限りは、まず間違いなくアニメ化されると思います。(こうならないことを祈るばかりです)

それほど面白く、おすすめな作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました