【アニメ感想】シャドーハウス第三話「すすによる病」を原作ファンが語る~新説!ED「ないない」は二律背反を現わしている~

アニメ感想

アニメ感想

シャドーハウス第3話より
©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

第三話「すすによる病」は、タイトルこそ原作47話ですが、内容は単行本第二巻の「授業」「亡霊」「動く人形」「洗浄の日」のエピソードをベースにしていました。

授業

授業を受けるエミリコが可愛かったですね。

エミリコは好奇心旺盛なので向学心も高いのでしょう。作中でも字を学んでいましたね。

EDの考えないノートは、作中で字を覚えたエミリコがハウスでの疑問を秘匿するために書き始めたものでしたが、直ぐに日記に代わっていきました。

どうやらエンディングで、次回予告に一躍買っているようです。

他にも見つけた方がいらしたようでした。こういうの気が付けるのは、本当にすごいと思います。

さて、話をエミリコに戻しますが、

ローズマリーも言っていた通り、エミリコは仕事の意識が高いですね。

前回、全身煤まみれになった経験からか、亡霊騒ぎの時にマスクを被ろうとしていました。

失敗から学ぶ姿勢は筆者も見習いたいところです。

前回と言えば、前回とても嫌なイメージが付いたミア先輩。

シャドーハウス第2話より
©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

快闊な明るい調子に戻っていて安心しましたね。

シャドーハウス第3話より
©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

亡霊騒ぎの時、咄嗟にローズマリーの首を庇ったり、普通にいい人ですよね。筆者は好きですよ

原作ではまだ目立った活躍がないので、盤面をかき回してくれるのが待ち遠しいです。

ところで原作未履修の方々にはミアをどうみているのか気になりますね。

あまり他の方の感想などは見聞きしないのですが、この機会に拝見してみようかと思います。

亡霊

シャドーハウス第3話より:©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

今回のお話は、「亡霊」のエピソードを主軸に置いていました。

わかってはいましたが、ローズマリーが可哀そうでしたね。

原作程、膝を階段に打ち付ける様子がなかったのが救いでした。あれホントに痛そう

亡霊は、こびりつきの事で、こびりつきとは悪意をもった煤の事です。

『となりのトトロ』のススワタリと似ていますが、関係は不明ですね。

エミリコの言う通り、シャドーが負の感情を持つ事で煤が出ると考えれば、亡霊もシャドーと同じ起源をもつ存在となりえそうです。

ただ、こびりつきや亡霊は、水に弱いというシャドーとは明確な差異もあるので、判断しずらいところでもあります。

シャドーハウス第3話より
©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

煤を水に浸すと固まって脆くなる、という情報は実は前回のお話で描写されていました。

エミリコがケイトの人形を汚してしまった時ですね。

エミリコが天井の煤が取れなくて困っていた時、水にぬれた雑巾で拭いたことで煤が固まって、煤は自重で落ちました。

『シャドーハウス』は構成が巧みな作品だと思います。

話数を跨いでもエピソード同士の繋がりが自然なので、物語に違和感なく入り込めます。

すす病

シャドーハウス第3話より:©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

大量の煤を一度に接種することで起きるすす病。最悪死にます

作中で確認されている症状は錯乱のみですが、肺や気管支などに入り込んだらまずそうですよね

すす病は大量に水を飲むことで治療できます。

シャドーハウス第3話より
©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

ところで、ローズマリーを介護した医療班の中にスザンナの生き人形のスージーもいましたね。

バービー始め、星付きの存在はOPムービーで明らかですが、アニメ内で出番はあるのでしょうか?

シャドーハウス第3話より
©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

まとめ

今回から物語が大きく動きました。

影家を退屈な話と感じていた人たちも見方を変えるかもしれませんね。

ケイトの煤能力が覚醒しましたし、ハンガーフックも完璧でした。

エドワード達の登場で今後の期待感がグッと高まりました。

原作未履修の方は、アニメ一話目のアバンでみた煤の鳩が煤能力だったと気が付いたと思います。

今後能力バトルになる可能性を感じている事でしょう。

そして、作中唯一のお色気シーンであろう洗浄の日がこちらです。

シャドーハウス第3話より:©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.
シャドーハウス第3話より:©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

これは、今季覇権待ったなしですね

シャドーハウス第3話より©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

ないない考察

Iのない 深い 影ばかり
愛のない 答え ドールみたい
自分 不在 どこにもいない
ない じゃない

曖昧な愛 色のない愛
期待 以外 他人事みたい
お影様 どちら様
応え様々

何者でもないまま
何にもできないまま
生きるのは無駄ですか?
悪いことですか?

ここにいない いない いないのは
自分 自分
誰も 見ない 見ない
見ないまま 掃き捨ててさようなら

嬉しくない 悲しくもない
透明な気分
足りない自分 合わす顔もない
ない ない ない
笑えないじゃない?

ないない 歌詞
作詞:ハヤシケイ(LIVE LAB.)・毛蟹(LIVE LAB.)
作曲:毛蟹(LIVE LAB.)

皆さんご存じ、影家のED曲「ないない」です。

今回はページが余ったので、おまけ的に楽曲の考察をしていきたいと思います。

一番までの歌詞しか見つけられませんでしたが、テーマを考察するには十分でしょう。

分析1~歌詞の構造~

歌詞の構造は、基本構成にみえます。

つまり、Aメロ・A´・Bメロ・サビ・大サビですね。

そして、パッと見た感じは、生き人形視点での歌詞にみえます。

Aメロは、「Iがない~ドールみたい」つまり、自我を持たない人形が登場します。
ドールみたいは、Iがない、に掛かっていると解釈します。

「愛がない 答え」は、消耗品としてしか扱われないなど、愛情の欠如を現わしているのでしょうか。

「自分 不在 どこにもない」、の歌詞から、
「自我を持たない人形を俯瞰していたが、実はその人形とは自分自身だった」という叙述トリック的な表現とも解釈できます。

そして、影家のテーマソングだけあって、影というワードが象徴的です。
まさに物語に影を落とすという表現通りですね。

全体を通して、同じテーマ(シャドーハウスでの生き人形の扱い)で歌われているのようです。

なので、各パートの歌詞を掘り下げて考察していってもよかったのですが、芸がないように思います。

そこで方法を変えて分析してみます。

公式が期間限定で公開しているエンディングムービーをみながら、そのアニメーションと、「ないない」の歌詞を照らし合わせて考えていきましょう。

分析2~前段と後段~

早速ですが、このエンディングムービーは、大きく前段と後段とに分けることが出来ます。

シャドーハウスEDより:©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.
ここにいない いない いないのは
自分 自分

サビのこの部分までを前段、それ以降を後段として分けられます。

アニメーションとしては、エミリコとケイトが上下反転している点対称の螺旋階段を駆け下りるシーンです。

シャドーハウスEDより:©ソウマトウ(著)シャドーハウス/集英社/アニプレックス.All Rights Reserved.

このシーンを境に映像が逆戻しされます。

これを歌詞に当てはめて考えると、ここを境に視点が変わるとも考えられます。

誰も 見ない 見ない
見ないまま 掃き捨ててさようなら

嬉しくない 悲しくもない
透明な気分
足りない自分 合わす顔もない
ない ない ない
笑えないじゃない?

ここからは原作のネタバレを含みます

原作ネタバレあり

筆者は当初、後段をシャドー視点での歌詞だと思っていました。

しかし、原作勢の方は、「掃き捨ててさようなら」というフレーズから、モーフをイメージした歌詞のように感じませんか?

筆者は、そう感じました。

モーフについては、原作でも謎が多いいのですが、原作単行本4巻第45話にてエドワードによって説明されています。

モーフ

シャドーの正体。擬態と模倣を得意とする寄生型の妖精。親指程の大きさで、細い手足のようなものが付いている。

Wikipediaより


そして、シャドーとは、

シャドー

擬態、模倣を得意とする寄生型の妖精・モーフが人格と煤能力を得た存在。「偉大なるおじい様」によって、モーフがシャドーとして人格を持てるまでの流れが築き上げられた。人間への模倣後は、生き人形の人格が上書きされてしまうため、大半のシャドーはモーフであったころの記憶はない。ケイトとマリーローズは極めて稀な例である。シャドーの発達段階は三段階だと言われる。

1段階 – 人形を見せて、人の姿を認知し擬態させる。

2段階 – 生き人形の側に置いてふれあいによって人格を得る。

3段階 – すす能力の覚醒、生き人形と一体化して、完全なる存在へ。シャドーが生き人形の肉体を乗っ取るため、この時点で生き人形の自我は消滅する。

その性質上、「生き人形」の人格や思考に強く影響を受けるため、自我や反抗心の強い「生き人形」のいるシャドーは危険視される。

Wikipediaより

モーフにも固有の性格や記憶はあるようで、シャドーになってからもある程度は反映されていると説明されています。生き人形と明らかに性格が違う個体がいるのはそのためです。

しかし、基本的にシャドーとなった時に、生き人形の記憶や思考に影響を受けながら、モーフ時の記憶は徐々に上書きされ、消えていきます。

引用文で説明されている通り、ケイトとマリーローズは、稀な個体というわけです。

筆者は、これらのことから、後段の歌詞を、モーフの記憶を保持しているシャドーを表していると考えています。

何故なら、前段は、生き人形の視点で描かれていると仮定できます。

そして、二個一対の思想から、前段と後段は対になっていると考えられます。

しかし、ただのモーフでは、生き人形とは対にはなりません。

よって、後段は、シャドーを表しているということになります。

少しまとめると、
【後段はモーフの視点を含む歌詞である】【生き人形視点の前段と対の存在である】
この条件に該当するのは、
モーフの記憶を所持しているシャドーしか考えられない、となるわけです。

以上を踏まえて、後段の歌詞を考察すると、

『煤埃のように、掃いて捨てられていくモーフには、表情がなかった。
愉悦も悲壮も感じ取れない。つまり透明である。
しかし、自分にも顔がな
いから、笑えなかった。

という風に解釈できます。

テーマ

「ないない」の歌詞が、前段を生き人形の視点、後段をモーフの記憶を所持したシャドーの視点、それぞれを表していると仮定します。

では「ないない」のテーマとは何でしょうか?

筆者は、二律背反がキーワードではないかと考えています。

二律背反とは

『一つの事柄から生まれた結果や判断が、共に成り立つと同時に矛盾している状態』を指す言葉です。

よく用いられる例文は、「私の言葉は全て嘘だ」です。
これが本当なら「私」は嘘付きということになりますが、発言が嘘なので、「全て嘘」も嘘ということになます。
矛盾していますよね。

二律背反は、しばしばジレンマと混合されますが、厳密には違います。

しかし、この記事では、イメージしやすいように、二律背反=ジレンマとして扱う事にします。

ジレンマとは、ある問題に二つの回答があり、そのどちらを選んでも不利益を被ることが判っているので、回答を決めかねる態度の事です。

二律背反は、ジレンマではありませんが、人がジレンマに陥るときの精神は、二律背反に近い状態になる事が多いのです。

結論

「ないない」のテーマですが、シャドーのジレンマ、とここでは結論付けたいと思います。

そしてこのシャドーとは、恐らくはマリーローズの事ではないかと考えられます。

ケイトと同じく、モーフ時の記憶を保持しているマリーローズ。

彼女の認識では、

シャドーハウスでは、シャドー(モーフ)と人間は、ある意味で共存している。
しかし、それは、人間の子供を洗脳して、生き人形として使役する事で、個性を奪い、顔を奪い、命を奪う、歪んだ共生を強いている矛盾した関係だ。

シャドーとして生きればローズマリーを失い、ハウスに歯向かえばタダではすまない。

と、このようなジレンマを抱えているはずです。

そして、

シャドーハウスの人間に対する非道は容認でき「ない
しかし、大人たちは強力すぎて太刀打ちでき「ない
ならば、ローズマリーと一緒に脱出する術を探さなければなら「ない」・・・。

ない ない ない
笑えないじゃない?

マリーローズの悲痛な思いが伝わってくるようではありませんか?

まとめ

  • 「ないない」は、生き人形とシャドー、それぞれの視点で描かれた楽曲である
  • そのテーマとは、「マリーローズのジレンマ」ではないかと思われる

考察は以上になります。

おまけのつもりが、思いのほか長くなってしまい、こちらがメインのようですね。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

前回の影家感想でも書きましたが、『シャド―ハウス』は二個一対の関係が多い作品です。

二律背反もその発想から考察してみました。

なお、ED考察は、アニメ本編が原作6巻までを消化する前提で書いています。

原作の内容を四話づつ消費していくようですので、ワンクールだとして残り9話。

原作は36話分消費できるとして、単純計算で54話くらいまで行きそうですね。

もしアニメがマリーローズ事件まで行かずに、お披露目までて終わった場合、この考察はなかった事になります!

まさに「ないない」というわけです。お後がよろしいようで

【アニメ感想】シャドーハウス 第二話「部屋の外には」原作ファンの感想 ~エミリコとケイトはソウマトウなのか~
シャドーハウス原作ファンによるアニメ第2話「部屋の外には」の感想と考察です。独自の解釈が多く含まれますので、ご不快に感じるかもしれませんが、手抜きなく全力で考察しています。「まあ、こんな考えもあるかも」と思っていただければ幸いです。なお、アニメ並びに原作漫画のネタバレも含みます。ご了承ください

前回の感想もよろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました