【作品紹介】約束のネバーランドのあらすじを紹介。アニメ2期はやらかしたらしいけど原作は面白い【完結】

漫画紹介

どんな漫画?

今回紹介する漫画は、白井カイト先生原作、出水ぽすか先生作画による、

約束のネバーランドです。

本作は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されたダーク・ファンタジー漫画です。

全20巻が発刊され、2020年12月時点での全世界累計発行部数は2600万部の超人気作で、

アニメ化や映画化などメディアミックスも盛んです。

ジャンルは、ダーク・ファンタジーとしました。

加えて、物語序盤はサスペンスホラーの色も強い作品です。

その頃の雰囲気を好ましく感じるファンも多いです。

あらすじ

主人公の『エマ』は『グレイス=フィールド(GF)ハウス』と呼ばれる孤児院で、

『レイ』や『ノーマン』など多くの友人たち一緒に暮らしていました。

彼らに血のつながりはありませんでしたが、みんな兄弟のように仲良しです。

そして、保母の『イザベラ』をママと慕い、他の子供たちは楽しく生活していました。

しかし、ある時三人は知ってしまうのでした。

この施設は孤児院などではく、人外の「鬼」に良質な食用人肉を供給する人間牧場だったのだという事を……。

非常にショッキングで絶望的な世界観です。

ですが、エマたちは屈する事無く施設からの脱出を計画するのでした。

魅力

ストーリーは、情報戦や心理戦の描写が多いものの物語の大筋はシンプルでわかり易いです。

原案の白井先生のこだわりにより「逆境モノ」でありながら、少年漫画らしいポジティブなエッセンスを感じられます。

また、「エロ、グロ、ナンセンス的なえぐみ」が抑えられているのも人気の一因ではないかと思います。

閉塞的で陰惨な設定ながら、前のめりになってページを捲ることが出来る作品です。

是非読んでいただきたいと思います。

炎上したってMA?

アニメ2期が炎上していたらしいです。

筆者はアニメを観ていないのでこの話題はよそ様の記事にお譲りしたいと思います。

【約束のネバーランド】2期が炎上した理由まとめ!なぜアニオリにしなければならなかったのかも | おすすめアニメ/見る見るワールド
炎上しております。 「約束のネバーランド2期」。 私は原作漫画を読んでいるので、炎上する気持ちも分かる・・・。 今回は、
【約束のネバーランド2期】がひどい!特別編道標で爆発した耐えられないひどさを語ります。 | おすすめアニメ/見る見るワールド
物語を改変したことで話題になっていた「約束のネバーランド2期」。 話が進むほどに酷さが話題となっております。 「約ネバ2

こちらの記事がとてもわかり易くまとまっていたので、ご参照ください。

改変に対する持論

個人的に、原作とメディアミックス作品は別物と捉えているので、改変自体は作品の評価には影響しないものと考えています。

アニメオリジナルを追加した結果、作品としての説得力が増して良質な作品になるケースや、テーマそのものを大きく変える事で原作以上に評価される、もしくは認知される作品も多いでしょう。

つまり、評価の対象は作品としての良し悪しであり、改変自体を認めないというスタンスの原作原理主義的な考えの方々には、筆者は同意できません。

一番わかり易いのはジブリ作品でしょうか。

『ハウルの動く城』や『魔女の宅急便』などは原作を大幅に変えている作品ですが、同じように炎上した話は聞きませんよね。

少しわかりずらい言い方になりますが、改悪であっても作品として面白くなれば良いと考えます。

そんなものないだろうと思われるかもしれませんが、宮崎駿監督の『ルパン三世カリオストロの城』は、モンキーパンチ先生や原作ファンから大変な不評でしたが、アニメ史に残る名作です。

これは映像作品として評価されているからです。

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ただ、約ネバに関しては、外部記事を読み限り、そもそも出来が良くなかったようですね……。

気になっている点は、制作会社がCloverWorksということです。

これに関する記事を先々書こうと考えているので、ここでは関連記事を貼るに留めたいと思います。

今がチャンス!公式がアニメ化を記念して1~6巻まで無料公開中。超人気漫画 シャドーハウス の魅力とは?【おすすめ漫画】
アニメ絶賛放送中の人気漫画『シャド―ハウス』の魅力をネタバレ抜きでご紹介します。しかも今なら、公式Twitterが公開している無料サービスをご紹介します。記事内にリンクが貼ってあります。期間限定のサービスですのでお早めに!一ファンとして、未読の方には、この機会に読んでいただきたいですね
俺たちのフォスをかえしてくれ!美しく儚い。これは祈りの物語『宝石の国』をネタバレなしで紹介します【おすすめ漫画】
「今から遠い未来。僕らは、宝石になった」どこか物憂げな、しかし蠱惑的なキャッチコピー。今回紹介する作品は、市川春子先生の宝石の国です。登場人物の多くが実在の宝石そのものに命が宿った無機生命体。しかも遥か未来の地球に残る数少ない文明の継承者でもあります。美しき宝石たちの活躍を描く本作をネタバレなしで紹介します

コメント

タイトルとURLをコピーしました