アニメ放送が待ち遠しい!人気のダークファンタジー漫画 超面白い チェンソーマン のあらすじを紹介【第一部完結】

漫画紹介

どんな漫画?

今回紹介する漫画は、藤本タツキ先生の

チェンソーマンです。

週刊少年ジャンプ(集英社)にて第一部・公安編(全11巻)が連載された、ダークファンタジー漫画です。

さて、気になる内容に触れていきましょう。

本作を一言で表すと「現代版デビルマン」ということになるでしょうか。

ある年代より上の方は必ず耳にしたことがある主題歌のフレーズだと思うのですが、

「悪魔の力 身に着けた 正義のヒーロー デビルマン デビルマン」

チェンソーマンとはこういった趣のお話です。

なお、ジャンルがダークファンタジーという事で、スプラッタ描写は多いです。

苦手な方はご注意願います。

世界観

『悪魔』が当たり前に存在し、その多くが人間に危害を加える災厄として認知されている世界。

悪魔は人間の恐怖心を糧に強くなる存在です。

代表格が、僅か7分間で110万人を殺害した『銃の悪魔』(こいつは超こえー)

そんな世界でデビルハンターを生業にしていた少年『デンジ』と相棒の『ポチタ』

彼らは、暴力と裏切り、支配と臓物にまみれた世界をどのように生きていくのか?

掃き溜めに鶴。そんなデンジの世界を変えてくれた『マキマ』さんとの関係は進展するのか?

その他にも、『アキ』『パワー』『岸辺』『天使の悪魔』『姫野』『コベニ』公安対魔2課の『中村』など、アクの強いキャラクターが多いのも魅力です。

あらすじ

「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界。少年デンジは死んだ父の借金を返すべく、「チェンソーの悪魔」であるポチタと共に、悪魔を駆除する「デビルハンター」として生計を立てていた。

しかし借金は中々減らず、ごく普通の日常を願いながら、叶えるには到底届かなかった。

ある日、デンジは仕事を斡旋していたヤクザに騙され、「ゾンビの悪魔」によってポチタと共に殺害されてしまう。

しかし、ポチタはデンジの血を飲んで蘇生し、契約と引き換えにデンジの心臓となる。

復活したデンジは「チェンソーの悪魔」へと変身する力を手に入れ、ゾンビの集団を一掃する。

デンジは現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマに導かれ、その身を管理されることになる。

東京の公安本部へ移ったデンジは、マキマの命令を受けて先輩の早川アキ、デンジのバディとして選出された「血の魔人」パワーと同居する。

公安ではかつて7分間で110万人を殺した「銃の悪魔」の討伐を掲げ、世界各地に散った銃の悪魔の肉片を集めていた。

一方で銃の悪魔に従う悪魔や契約した人間、さらにデンジと同じ「人間でも悪魔でもない者」らがデンジの心臓を狙っていた。

ウィキペディアから引用

概要

漫画考察

藤本タツヤ先生は、チェンソーマン以前に『ファイアーパンチ』を連載していました。

【漫画おすすめ】ファイアパンチ【完結作品/ネタバレあり】
ファイアパンチってどんな漫画?作品情報少年ジャンプ+で連載された藤本タツキ先生(チェンソーマン作者)の初連載作品です作者のインタビューより「少年ジャンプ+でやるのなら週間少年ジャンプでできないこ...

ファイアーパンチの記事でも触れましたが、藤本先生は

「少年ジャンプ+でやるのなら週間少年ジャンプでできないことをやろう、

アンチ・ジャンプ的なことをやりたい」

Wikipediaより

とインタビューに答えていました。

ここからも解る通り、挑戦的で開拓者志向の強い作家性の持ち主です。

本作チェンソーマンも少年漫画の枠に収まらない、いっそ清々しい程の暴力性に溢れた漫画です。

シャンプ+で鳴らした手腕をいかんなく発揮した印象です。

受賞歴

売り上げは、21年3月時点で累計発行部数930万部の超人気漫画です。

このマンガがすごい!2021(宝島社)のオトコ編2020にて一位を獲得したことからも、人気と面白さのほどを伺うことができます。

メディアミックス

2020年12月にアニメ制作が決定が発表されました。

本編は、惜しまれながらも終了しましたが、第二部は活躍の場をジャンプ+ 移しての連載予定です。

新情報は公式Twitterなどからチェックすることが出来ますので、この機会にフォローしてみてはいかがでしょうか

チェンソーマン【公式】さん (@CHAINSAWMAN_PR) / Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました